街金ならば審査に通る可能性はある

銀行業界には、大手都市銀行や地方銀行、それにネットバンクなどが色々あります。また、貸金業界にもサラリーマン金融や消費者金融、それに個人で営業しているような小さな街金に至るまで様々あります。それらの大小様々の会社は、申し込み手続きをして審査に通りさえすれば借り入れができるようになるのです。

しかし一般的に言って、銀行の審査は貸金業者よりも難易度が高いです。それに貸金業界だって、業界最大手の有名な大企業になればなるほど、ブラックリストに名前が載っているような人では審査に通るのは殆ど無理です。大きな貸金業者の審査とは、そんなものです。

その点、無名の小さな街金などは、少し事情が違ってきます。街金では街金独自の審査を行っているところが多くて、ブラックの人でも審査に通る可能性はあるのです。もちろん、ブラックでも必ず借り入れができるわけではありません。
→詳しくは即日借りれる街金ランキングで。

そうではなくて、大手の業者よりも明らかに審査に通る可能性は高いという意味です。ゆえに大手がダメだった人は、街金を試してみると良いでしょう。ただし闇金には要注意です。

あっという間に返済額が急増

どうしても急な出費があり、懐事情が厳しくなってしまっていたそのころ、若気の至りなのか借金に走ってしまいました。最初は大手ローンでしたが限度額を越え、返済も何度か伸ばしてしまったため借り入れが出来なくなる始末。結局自転車操業状態だったので結局借金するしかなく、途方にくれた私が助けを求めたのは街金でした。

特に調べもせず、たまたま困り果てて歩いていたところに目に入った電信柱に、広告が張り付けられていたのがきっかけとなりました。

簡単な借入申込書を書くだけでとりあえず三万円を手に入れることが出来ました。思っていたよりも簡単で、満足していた私ですが、一週間後の催促の電話は五万円でした。利息の説明はもちろんしてもらったはずですが、その現実に驚きました。

しかし返す当てもなく右往左往していると、取り立ての電話がひっきりなしにかかってくるようになりました。もう限界近くなったところに、何とか現金を作ることができ、返済。その後も融資のお誘いが頻繁に続きましたが、あの利息ではとてもてが出せません。

消費者金融のイメージは変化したか

消費者金融と言えば以前はサラ金とか街金とか呼ばれており、イメージはまったく悪いものでした。実際に何回も社会問題にもなったことを覚えている人も多いでしょう。違法な高率の金利をとり、厳しい取りたてを行う高利貸しとイメージを重ねる人がいることも確かです。

ただ、現在の消費者金融は貸金業法の登録業者であれば、改正されてかなり厳しい規制を受けることになったと言っていい、法律違反をすることはほぼなくなり、質的に向上したと言ってもいいでしょう。しかし以前についていたイメージをまったく引きずっていないとまでは言えません。

特に違法な取り立てや多重債務者問題が連日ニュースとなっていたころを覚えている人は消費者金融にいいイメージを持てと言われてもそうは簡単ではありません。

テレビコマーシャルなどでもイメージをよくするような映像を一時期には良く流していますが、まだまだすべてが忘れ去られるまでは時間がかかるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>