生活必需品の税は安くするべき

将来的にどこまで上がるか分かりませんが、近々段階的に引き上げられる消費税は、所得の低い世帯にとっては死活問題であり、二極化が益々進む日本社会においては、この低所得者層が大半を占めて、富裕層はごく一部という構図が容易に予想できる現状であるならば、生活必需品の税率は軽減するべきだと考えます。

生活必需品の線引きなどの難しさなどはありますが、この軽減税率というものは是非とも実現していただきたいものであります。

そして、自動車産業で成り立っている部分も大きいこの日本において、ガソリン税もしっかり見直ししてもらわなければいけないと考えます。

企業は努力に努力を重ね、車離れが進む若者を引き止めようと、頑張っていますが、ガソリン価格はその努力をいとも簡単になきモノにするかの如く高騰しています。ガソリンに掛けている税は見直すべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>