今話題の税金と言えばやっぱり消費税!

今一番注目されている税金の話題といえば、消費税UP!の話題でしょう。
あなたは賛成派? 反対派?

私は最初賛成派でした・・・でも、ある本を読んでいて思いました。
消費税をUPして、景気が落ち込むことはないのだろうか。せっかくすこしずつ上向きになってきたのに、本当に大丈夫なのだろうかと・・・。
東京オリンピック開催が決まったとき、これで消費税UPは決まったも同然、案の定そのとおりとなりました。
経済弱者に対するいろいろな救済措置を考えてはいるようですが、本当にそれは弱者にとって救済になるのでしょうか。

また、一般国民にとっても、最終的に10%になると思うと本当にうんざりです。
それよりも国内の購買意欲をもっともっと高めるような政策は打ち出せないのでしょうか。日本人は貯金が大好きな国民だと聞きますが、お金が動かなければ経済は活性化しません。国内消費が増え、経済が活性化すれば、自然と徴収できる税金の額もUPするはず! 増税は、どうしたって景気の後退につながります。

なぜ、そのような政策をとることができないのでしょうか。
ある本には面白いことが書いてありました。会社の交際費は一定額以上使用しなければ、そのとき税金がかかるというものでした。交際費は、企業にとってはできるだけ切り詰めたいものですが、使わないとかえって税金がかかるとなれば話は別。こうやって、企業の支出を増やすことで、金の流れをつくるのです。

視点を変えた面白い考え方だと思います。こういった見方のできる政治家、経済人が今は必要なときなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>